トリプタノールの離脱症状

トリプタノールについて

トリプタノールは、ノルアドレナリンやセロトニンと言われる脳内伝達物質の再取り込みを抑える効果があると聞いています。うつ病や、うつ状態の人の治療として使われたり、低量であれば、夜尿症の治療にも使われます。これがトリプタノールの効能です。不安感を和らげ、気分を持ち上げてくれます。

 

トリプタノールの副作用として、口の渇きや、眠気、パーキンソン症状、眩暈などの症状が出てくると聞いています。眠気が出ますので、集中力や、注意力などが低下する為に、車の運転や、機械操作などを行なわないことや、お酒を飲むと作用が強くなることがありますので注意が必要です。不安や、興奮、狭心痛、幻想が見えたり、聞こえないはずの声や音が聞こえる場合には、重篤な症状の初期になる場合がありますので、医師に相談してください。また、トリプタノールの離脱症状として、吐き気や動悸、倦怠感などが起きてくることがあります。離脱症状とは、薬の服用を中止したり、薬の量を減らしたときにです症状のことをいいます。


体力系アルバイト

メイラックス効果・副作用・離脱症状