レキソタン

レキソタンの効能や離脱症状は?

レキソタンは心を安定させて気持ちをリラックスさせる効果のあるお薬です。心の不安感や緊張感を緩和させて、ゆっくり眠れるように作用します。うつ病や心身症、更年期障害、不眠症などの症状の改善に処方されています。他にも肩こりや腰痛の改善にも効果があるとされています。

 

それから、レキソタンの副作用としては、主に眠気や倦怠感、ふらつきといった比較的軽い症状がよく見られています。眠気を伴うことから、服用後に車を運転するのは危険なので注意してください。長期に渡って服用し続けることで、なかなか薬が止めにくい状態になる場合もあります。あまり症状の改善が見られないからと服用する量を勝手み増やしてしまうことはやめましょう。必ず医師から指示された服用量を守るようにして、効き目があまり見られない場合は必ず医師にご相談のうえ指示に従うようにしてください。

 

長期間服用し続けている方で、うつ病の症状が改善されてきたことから服用を急に止めてしまうことで離脱症状が起こる場合があります。離脱症状でよく見られるのは不安感、体の震え、不眠、混乱、幻覚などの症状です。服用前と同様な症状やかえってひどくなってしまう恐れもありますので、絶対に自分の判断で服用を中止することのないようにしてください。医師の診察を受けたうえできちんと相談しながら薬の量を調整して、症状を見ながら徐々に量を減らしていくことで離脱症状が起こることはほぼありませんのでご安心ください。


体力系アルバイト

メイラックス効果・副作用・離脱症状