コントミンの離脱症状とは?

コントミンの効能について

コントミンは、精神病の治療薬として古くからある薬です。神経の高ぶり、不安感がある人に対して、緩和していく効果があります。気分を落ち着かせる効果がありますので、統合失調症や、躁病などの治療にも使われます。ドーパミンの神経伝達を抑制する効果がありますので、妄想や幻覚症状、幻聴症状などがある場合に効果が出てきます。

 

なお、コントミンの副作用として、手の振るえ、体が突っ張るような感覚、こわばり、口の渇き、便秘や尿がでにく症状、たちくらみ、動悸、めのかすみなどが出てくることがあります。長期的に服用を続けていると、自分の思考とは違う手足が勝手に動くことや、口の周りが以上に動いたり、舌の震えが出ることがあります。コントミンの服用は、女性や高齢者には注意が必要になることがあります。


体力系アルバイト

メイラックス効果・副作用・離脱症状